049-266-6487
ふじみ野市清見1-5-4
医療法人社団 真幸会 スマイル歯科

虫歯の進行と治療について

虫歯治療は進行度によって変わってきます。初期の段階では、なるべく削らないように心がけています。
歯の痛みを我慢していたり放置していると、虫歯菌が身体をめぐり全身疾患に結びつくこともあります。定期検診などで虫歯を早い段階から発見することが大切です。

   

第1段階 (C0~C1)

歯の表面のエナメル質だけが溶け始めた段階で、痛みなどの自覚症状はありません。
C0は歯が溶け始めた状態で、適切な歯のブラッシングやフッ素塗布などを行い自然治癒を中心とした治療となります。
C1は虫歯がエナメル質のみの状態なら、ごく微量に削りCRなどで詰めて終了します。


第2段階 (C2)

エナメル質を突き破り象牙質も溶け始めた段階で、冷たいものや甘いものが沁みるときもあります。
虫歯部分を取り除く必要がありますが、削る部分が大きい場合は麻酔を使用します。
削った部分は、インレーやアンレーなどの補綴物(詰めもの)での治療となります。


第3段階 (C3)

虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して炎症を起こした状態で激しい痛みが伴うときもあります。
神経と炎症の起きている部位を取り除く根管治療が必要になる場合があります。
歯を大きく削るため、クラウンという補綴物(被せもの)での治療となります。


第4段階 (C4)

歯の上部が溶けてなくなり、歯根部分だけが残った状態です。
C3と同様の治療を行いますが、無理な場合は抜歯となります。
抜歯後は「部分入れ歯」「ブリッジ」または「インプラント」で修復する必要があります。

根管の治療

虫歯が進行すると、虫歯菌が歯の神経(歯髄)まで達して炎症を起こします。
その場合は、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する必要があります。

洗浄治療は、内部を無菌状態にして薬を詰めて塞ぐ必要がありますが、根管内に細菌が残っていたり密閉が不十分のときは、根管内に細菌が再繁殖して再発する可能性もあります。

根管治療は目に見えないごく細いため、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。そうならないためにも、虫歯の早期発見・早期治療予防と定期検診がとても大切です。