049-266-6487
ふじみ野市清見1-5-4
医療法人社団 真幸会 スマイル歯科

美しく健康でありたい、そんなあなたのために~

「美しく健康でありたい、そして輝いていたい」幾つになっても、その思いを持ち続けることはアンチエイジングという点からもとても大切なことです。

審美歯科は「よく噛める、よく話せる」といった機能回復に加え、見た目も重視した治療法です。
「美しい口元、すてきな笑顔」によって健康や心身の健康を増進し、本当の意味の“美しさ”を長く保つことは自信にもつながります。

スマイル歯科では、歯の色・形・艶などの美しさを備えながら、歯や歯ぐき・噛み合わせも考えた美しさを求めたトータルな治療を行っています。

ハイブリッド歯 ゴールド歯 保険の銀歯
【ハイブリッド/ゴールド/保険の銀歯】

審美歯科の機能性

セラミック素材などを使って白く美しくする治療は、歯を単に美しくするのではなく機能性やコストも重要です。
審美歯科は、ほとんどが健康保険外の治療(自費治療)となります。そのため治療を希望される患者さんのご意見をしっかりとお聞きしながら治療を進めていきます。 当院で取り扱っている主な治療の機能性などは下記表にまとめてみました。


審美歯科

「ジルコニア」は生体親和性が高く、大変丈夫で安全なセラミックです。
身近なところでは、白いセラミック製の包丁などもジルコニアでできていますし、スペースシャトルの外壁や医科では骨の代替素材として人工関節に使用されるなど、多岐にわたって使われています。
写真で「VITA-A1」「VITA-A2」などの専門用語が記載されていますが、色のイメージのことです。色のバリエーションだけでなく質感もある審美的に優れた素材です。

審美素材(人工歯)の種類

オールセラミックス(クラウン)

オールセラミックス
冠の全てをセラミックで作り上げるクラウン(被せ物、差し歯)です。
自然な光を透過する優れた美しさを持っています。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心です。
歯肉とのなじみも良いため、被せ物の周辺歯肉の健康も維持できます。
歯ぎしりのある方や、咬み合わせの状態などによっては、利用できない場合もあります。


メタルボンド(クラウン)

メタルボンド
セラミックを金属の枠組みに焼き付けて作るクラウン(被せ物、差し歯)です。
強度があるので、咬む力の強い方でも使用可能です。
年数が経過すると金属が露出し歯肉との境目が黒く見えてくることがあります。
元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがります。


ハイブリッド(クラウン/インレー)

ハイブリッド
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(被せ物、差し歯)やインレー(詰めもの)です。
歯と同じ硬さなので、自然な噛みごごちですが割れにくいのと、金属アレルギーの心配がありません。
通常のセラミックよりも安価です。
素材は超高品質のレジンであり、セラミック100%ではないので、セラミックに比較すると耐久性が少し劣ります。


ラミネートベニア

ラミネートベニア
ラミネートベニアは歯の表面を0.5mmほど削って、セラミック製の板(ベニア)を強力な接着剤で貼り付ける方法です。
ラミネートの種類も透明感のあるものから色調の濃い光の透過性の低いものまでいろいろあります。
歯の表面を薄く削りますが外側のエナメル質の部分を残すため歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然になります。


比較:保険の白い歯(硬質レジン)

比較:保険の白い歯(レジン)
中身は金属(金銀パラジウム合金など)で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウン(被せ物・差し歯)です。
保険で前歯のクラウンを作る場合には、ほとんどの場合この硬質レジン前装冠になります。
保険適応なので治療費が安いというメリットがありますが、この「レジン」というのはいわゆる「プラスチック」なので、時間が経つと段々変色してくるというデメリットがあります。

なお、犬歯(3番)の後ろの2本の臼歯(赤い部分⇒4番と5番の小臼歯)のクラウンを、保険の白い材質を使って入れられるようになりました。また、2017年12月からは、下顎に限られますが黄色の部分も保険適応で白いクラウンが入れられるようになりました(条件があるので、医院で確認してください)。
お口の中の銀歯が気になっていた方は、スマイル歯科まで気軽にご相談ください。