049-266-6487
ふじみ野市清見1-5-4
医療法人社団 真幸会 スマイル歯科

歯周病の原因

歯周病の原因は、歯に付着したプラーク(歯垢)に含まれるバクテリア(歯周病菌)が歯周組織を次々に破壊し骨まで溶かしてしまう病気です。
歯周病は、症状が進むまで痛みもほとんど発生しないため、気がついたら既に手遅れとなっており、歯を失ってしまうというケースもあります。
そのため、定期健診での早期発見と早期治療そして定期的な予防ケアがとても大切といえます。

歯周病は次のように進んでいきます

歯に付着するプラークは食べ物の成分である糖分や澱粉質と混ざりあって酸を作り出し、歯ぐきの腫れや痛みを引き起こします。
次第に歯から歯ぐきが剥がれていき、歯と歯ぐきの間には歯周ポケット(隙間)ができます。
この歯周ポケットにプラークが蓄積し、次なるダメージを歯周組織に与え最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
一般的に、歯の表面に付着するプラークは歯磨きにより取り除くことができますが、ご自宅での歯磨きの場合どうしても磨き残しができてしまい、それが歯周ポケット発生の原因となります。
歯肉炎 軽度歯周病 中度歯周病 重度歯周病
【歯肉炎/軽度歯周病/中度歯周病/重度歯周病】

歯周病の治療法

歯周病治療イメージ 歯周病は、毎日のご自宅での適切なブラッシングケアと、医院でのPMTCを中心とする予防ケアが基本となりますが、それでも歯周病になってしまったときは「スケーリング・ルートプレーニング(SRP)」などの治療で症状の改善を図っていきます。
しかし、中度~重度の歯周病となると「外科的治療法」を中心とした行う場合もあります。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病治療の最も基本的なものが『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』と言い、歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を取り除く治療法です。
歯周ポケットが深いところには 歯肉の下に毒素の詰まった歯石がついていますので、歯石や細菌を専用の機械で徹底的に除去し根面の汚染物質を取り除いていきます。


歯周外科(フラップ)手術

歯周ポケットが深くまで進行している場合は、歯周ポケットを切除後に歯肉を歯槽骨から剥がし、歯と歯肉の間に溜まっている歯石や細菌を除去してから、歯肉を縫合する治療を行います。


歯周組織再生療法(EMD)

フラップ手術を行った縫合時に、歯根の表面にエナメル基質タンパクを主成分とするエムドゲインを塗布して、歯周組織の再生を誘導する方法です。


組織再生誘導法(GTR)

フラップ手術を行った縫合時に、人口の特殊膜を歯槽骨に塗布することで歯周組織の再生を図る方法です。