049-266-6487
ふじみ野市清見1-5-4
医療法人社団 真幸会 スマイル歯科

歯を失った時に、しっかりと噛めて味わえる治療法がインプラントです!

インプラントの構造 虫歯や歯周病などで失なった歯を補う新しい治療法がインプラントです。
インプラントは失ったところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、セラミックなどの人工歯を装着します。

虫歯や歯周病などの病気、怪我などで歯を失ってしまった場合、従来では歯を大きく削ってブリッジを入れたり、金属バネの付いた部分入れ歯が一般的でした。

しかしインプラント治療は、人体と融合性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を使用して人工歯を固定します。隣接歯を削ることなく、見た目も全くわからないように天然歯と同じ機能を回復できます。

インプラント治療は、1本だけ失ったケースから複数本失ったケース、そして全く歯が無いケースまで幅広く適応可能です。

当院では、世界各国から信頼があるメーカーのインプラントなどを使い治療を提供しています。

インプラント ブリッジ 部分入れ歯
【インプラント/ブリッジ/部分入れ歯】

インプラント治療のながれ

インプラント治療は、(1)カウンセリング→(2)診査/診断を経て適切な治療計画をもとに手術を行っていきます。
手術は患者さんの骨の状態などから、「1回法」または「2回法」のどちらかを行ないます。

手術の時間は、単独歯であれば20~40分程度です(入院の必要はありません)。
歯が全く無い総入れ歯の方でも、インプラントを4~6本入れる手術で、噛める状態に回復することも可能です。
顎骨とインプラントが結合するまでは4週間~数ヶ月を要します。

1回法 2回法
【1回法/2回法】

インプラントが結合したのを確認してから、土台(アバットメント)を取り付け、人工歯のための型採りも行います。
アバットメントに人工歯を装着すると治療の終了です。
インプラントを長くお使いいただくため、ご自宅でのケアを覚えていただき、医院での定期的なメインテナンスも行なっていきます。